FC2ブログ

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更記事・WLDで追加されたロイヤルカードのあれこれ

Category雑記
表題の通りWLDのロイヤルカードについて触れていこうと思います。
画像が無いので見にくいかもですがまだブログの管理に慣れていない体たらくですのでご容赦ください。

レジェンドカード

古の英雄 評価B+ 8/6/10 8/8/10
ロイヤルフォロワーとして最大級のタフネスと破壊が効かない除去耐性がウリな突進フォロワー。
しかし究極完全体美女と野獣の耐性+バフをみると物足りなく感じる・・・
あちらと違い何の条件も無いのが強みだが相応にコストも8と高く、素のカードパワーを活かした使い方が主になる。
ローランのアミュレット[デュランダル]との相性が良く、決まれば場持ちの良さはピカイチ。しかしながらレジェンド2枚のコンボとして考えると脅威度的にも今一つ、加えて中盤の凌ぎが弱いコンロでは出す頃には勝負に影響できないことが多い。
単体での盤面への影響力は低いが有利な状況を更に盤石にするフォロワーであると感じます。
高コストで空きがあるなら入れておけばそれなりの仕事はするが必須でもなく、状況を逆転できるような力はない。
現状での評価はB+。可も無く不可も無く。

シンデレラ 評価B+ 3/4/4/ 3/6/6
ニュートラルデッキにおいて真価を発揮するパワーカード。
3ターン目での登場でその存在感は非常に高く、除去もされにくいが放っておけないサイズと強力な存在感を放ちます。
効果は他のロイヤルフォロワーが場に出ると手札に戻るというもの。ニュートラルメインなら大方無視できるが、同じくニュートラル軸で活躍するメイジーとの相性がなんともいえない。(利点とも欠点とも取れるが欠点となりやすい)
一応指揮官なのでコンセプトデッキで使える可能性を秘めてはいるが実用的かは今後の研究次第。(指揮官ロイヤル等)
強力ではあるが主戦場はニュートラル、今後も使われるかは怪しい為、評価はB+。

ゴールドカード

赤ずきん・メイジー評価B+ 2/2/2 2/4/4
ロイヤルカードとして貴重な確定除去持ち低コストフォロワー。
しかし条件として場にニュートラルフォロワーが居なければならない為、事故要因にもなりうる。
多くの場合4~5ターン目で同時出しで使用するが手札にニュートラルが手札に無ければただのバニラである。
安定して効果を発揮するにはロイヤルカードを減らす工夫が必要であり、それでいて進化時ファンファーレなので使用できる条件も限られてくる。
強力だが過度な期待もできない為、評価はB+。ご利用は計画的に。

銀嶺の秘剣士 評価A 5/3/4 5/4/5
必殺守護持ちで進化時は相手フォロワーをダメージ処理前に破壊とメデューサの魔眼の効果を持つ。
中盤を支えるのにうってつけであり何にせよ相手に相応の処理方法を要求するので強力。
シンプルに強いが進化時スタッツは低い。主な就職先はコントロールか。評価A。今後もお世話になりそうです。

トランプナイト召集評価A 5/1/3×3
中盤を支える展開カード。ニュートラルの1/3を3体展開し、各々が[疾走・守護・必殺]を1種持つ。
1枚でこなせる仕事が多く、スペードナイトの必殺には特にお世話になるでしょう。
ニュートラルシナジーがある分、ロイヤルの固有バフは効かないがセージコマンダーの誰でもバフなら強化可能。
兎耳の従者との相性も良いのでドローにも貢献できる。評価A。

シルバーカードブロンズカード

刃ネズミ評価A 2/1/3 2/3/5
相手フォロワーが破壊される度に1/0バフされる。
タフネスが高いので除去耐性が多少高く、除去カードと突進を多く組む事で無視出来ないサイズになる。
除去をしないとただの低スタッツなので主にコントロールでの採用となる。
後半でもアレキサンダーや旋風刃と組めばフィニッシャーになれる事もある。進化スタッツならデュランダルで守ることもできる。
ブログ主のお気に入りでネームの由来だがひいきして評価はしていない。評価A。純粋に使用価値が高い。

火遁の術評価A
ロイヤル待望の2コス3ダメージスペル。
追加効果は潜伏フォロワーが場にいれば6点に増加するというもの。カエル強化待ったなし!
潜伏が無くてもグリームニル突破に役立つので全てのロイヤルデッキで採用が見込める。評価A。

お爺さんとお婆さん評価B+ 3/1/4 3/2/5
素で2回攻撃を持ち、進化で必殺も持つ。
基本は2体除去として使うが大概の場面で他クラスの2体除去(ファンファーレ込)に後れをとる。(2回殴るとほぼお亡くなりになるため)
進化時スタッツも2回攻撃ゆえか低め。
しかしバフをして攻撃すると非常に凶悪な打点を稼ぎ出す為フェイスにも就職先がある。
何にせよ優先して除去されやすいので3コスでなげるのは状況次第と手放しで強いとはいえない。評価B+。

若き鬼狩人・モモ評価C 2/2/2 2/4/4
3コストにしては低いスタッツの突進持ち、相手フォロワーのパワーが5以上ならそのターン中は必殺を得る。
序盤ではブリッツランサーに劣り、後半ではジャイアントスレイヤー程度の仕事しかしない。おまけに盾を置かれるとジャイスレにもならない。
現状での採用は少ないと思われる。差別要素はスペルでは無く[フォロワー]だということ。評価C。

兎耳の従者評価B 3/2/3 3/4/5
ロイヤルの貴重なドローソース。自分の場のニュートラルフォロワーの数だけドローする。
引く数は場に左右され、序盤に出すとアリスの恩恵も受けれず動きとしては弱い。
後半にトランプナイト召集などで数を増やしてから使うことでアグロ特有の息切れを防ぐことができる。
ニュートラルデッキでしか主立って採用されない上、不利になればなるほど使える状況は限られる。評価B。

プリンセスキス評価B+
場のニュートラルフォロワーをロイヤル指揮官に変え、2/4と破格のバフを付与する。
ニュートラル前提とはいえ非常に強力。タフネスの上昇が大きく除去もされにくくなる。
しかしフォロワーを置く代わりにバフなので盤面的には不利になることが多い。主に先攻で力を発揮する。
後攻ならメイジーが控えていると強力。評価B+。

マスタークノイチ評価B 5/3/2 2/1 5/5/4 4/2
新たに追加された潜伏フォロワー。ファンファーレでクノイチエッグが同時に召喚される。
今後の潜伏デッキの選択肢にあがるであろうカード。
除去されにくい展開カードとしてみることも出来るので潜伏にこだわることもない。
いつか潜伏がフューチャーされる日が来るのだろうか。現時点ではなんとも。評価B。

アックスデストロイヤー評価B 6/6/5 6/7/6
進化でエクスキューションをファンファーレ、そして驚きの通常スタッツの高さがウリ。代わりに進化しても1/1しか増えない。
アミュレットにも対応可能なので今後の環境次第では重要なカードになりうる。
スタッツの高さはそのまま相手へのプレッシャーになり進化しなくても十分強力。
しかし6コストともなると進化を使い切るか否かな時であり出番はあまり多くはなさそう。
ルミナスメイジなどで温存しながら的確に相手の切り札をつぶせると◎。評価B。


以上、個人的な評価でした。

オンラインカードゲームランキングへ
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。