FC2ブログ

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナーフがおやややや

Category雑記
本日運営からナーフ情報が公開されました。

・ヴァンパイアクラスのブロンズレア《トーヴ》の攻撃力、体力、能力を下記に変更
攻撃力2(進化後4)
体力2(進化後4)
能力
「自分の場に他のニュートラル・フォロワーが出たとき、突進 を持つ。」
※進化前後で共通の能力を持ちます
・ヴァンパイアクラスのシルバーレア《バフォメット》の進化前の能力を下記に変更
「ファンファーレ ヴァンパイア・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。」
・ヴァンパイアクラスのレジェンド《昏き底より出でる者》の能力を下記に変更
「潜伏
このフォロワーが潜伏 状態で攻撃したなら、相手のリーダーに5ダメージ。
ラストワード このフォロワーが潜伏 状態で破壊されたなら、相手のリーダーに5ダメージ。」
※進化前後で共通の能力を持ちます
・ニュートラルクラスのブロンズレア《ゴブリンリーダー》のコスト、攻撃力、体力を下記に変更
コスト4
攻撃力2(進化後4)
体力3(進化後5)
・ニュートラルクラスのゴールドレア《風の軍神・グリームニル》の進化前の能力を下記に変更
「守護
ファンファーレ エンハンス 10; 相手のフォロワーすべてに1ダメージ。これを4回行う。」
・ドラゴンクラスのレジェンド《ウロボロス》の能力を下記に変更
(進化前)
ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。
ラストワード ウロボロス1枚を手札に加える。
(進化後)
ラストワード ウロボロス1枚を手札に加える。
・ビショップクラスのレジェンド《スノーホワイトプリンセス》の進化後の体力を下記に変更
体力2

トーヴは通常の2コスフォロワーレベルに調整。
攻撃不能が無くなり、ニュートラルフォロワーと同時召喚の際に突進付与に変更された模様。

非常に適正。

バフォメットは予想以上の弱体化。
サーチ能力がヴァンパイアフォロワー全体になりエンハンスも消去。
しかし倉木の為にその他の戦術まで犠牲にしたのは果たしてどうなのでしょう?
サーペントやアザゼルラウラなど復讐を利用した[ヴァンパイアらしい]戦い方にまで影響を及ぼした今回のナーフは[ユーザーの信用]を失うには十分すぎるほどの[]であると断言できるでしょう。
このカードのナーフが今回1番の話題であると感じました。

昏き底より出でる者の調整は順当であると感じました。
これで違うアプローチから打点を狙えるカードとしての役割が強くなり、フィニッシャーとしても機能するカードとしてコントロールヴァンパイアの主力になると思われます。
ナーフ前のこのカードをデザインした方々、GOを出した方々はあまりにも浅はかであったでしょう。
[ぼくのかんがえたさいきょうのもんすたー]を体現した素晴らしいカードですが、想像するだけで創造しないでいただきたい。
今後のコンヴの活躍に期待しましょう。

グリームニル、ゴブリンリーダー、ウロボロスの調整は素晴らしいですね。文句の付けようもありません。

スノーホワイトプリンセスは調整によりただ出せば強いカードから場持ちの良さと進化状態を利用したコンボがより求められるようになったと感じます。
今後も犬とのコンボは協力でしょうし除去としても[優秀]というラインでしょうか。
2コスフォロワーとしては持てる役割が多く強力なカードであることに変わりないので今後も変わらず活躍できる良い調整であると感じます。


さて、いくつか見逃されたカードについて言及しましょうか。

豪拳の用心棒→5コスが適正だよね?せめて進化スタッツ4/5にするべきよね?2ダメでもいいんだよ?
緋色の剣士→ソウルグラットンに謝れ!ヴァンパイアらしく必殺は復讐時が妥当じゃないかな?
デモンオフィサー・エメラダ→オーブドラゴンに謝れ!普段が疾走で復讐時エクスキューションが妥当じゃないかな?
運営は今回ヴァンパイア固有フォロワーを守り、害悪であった倉木、今後を見据えてサーチ部分をテコ入れしてきました。
要はニュートラルヴァンパイアが廃れ、純粋なヴァンパイアデッキが台頭してくるということです。
これらの基地外染みた除去ファンファーレズは[そのままに]です。
運営は復讐というシステムでの強化を見限ったと感じます。
通常の範疇のフォロワーが復讐により強化される。→はなから強力なフォロワーに[おまけで]復讐があればもう少し強化される。
↑はエメラダの例えですが、これらにテコ入れが無い事を見ると今後は復讐とは関係なくただ強いだけのカードがヴァンパイアには追加される可能性がある、ということ。
復讐を見限ったのなら今までの弱い復讐カードの大部分はほぼ用のないカードなのでこうやって強い新カードで調整をはかり、復讐系カードを増やす際はより殺意を増したカードとして追加されるのでしょう。
インフレの予感しかしませんね。コスト不相応な強ファンファーレを調整しなかった事で今後どうなるか見ものです。

そしてヘクター・・・
今までがヘクターデッキに関連してきたカードをナーフしてきたのだからあまり期待はしていませんでしたが
ネクロの調整は1つも無しですかそうですか。
ロイヤルには寒い夏が続きそうです。

今回のナーフを受けてロイヤルとしてはヴァンプの対策をしなくてよい分、相対的にローランの出番は減るのでしょう。
全体除去と複数除去は他クラスに圧倒的に劣るため、早めのデッキが今後有望になるかもしれません。
何度も言うように現状では[ドロー除去回復フィニッシャー]の全てが圧倒的に劣るクラスなのでコントロールは難しい。
疾走重視、ニュートラル、ミッドレンジ、各種コンセプトデッキ、およそこの中からより環境に合わせた最適を模索していくのだろうと思います。

一応、疾走型はラスワネクロには有利です。
少ない手札で毎回キーカードを引く必要がありますが、相手のペースは遅いので祝福置かれるまでには決めることができます。
トランプナイトをあえて(打点的に敬遠していた)投入してみたフェイスも考案してみたので後程公開します。

感想
より一層、ロイヤルの敵が増えたな・・・orz

オンラインカードゲームランキングへ

スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。