FC2ブログ

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロイヤルの得意・苦手 他クラスとの比較①

Category雑記
今回のテーマはずばり、現状のロイヤルについて。記事は長くなるので分散します。
ロイヤルクラスは大雑把に言うと[非常に意図がわかりやすい戦術]を得意とするクラスです。
出てくるカードでこんなデッキなんだろうな、と言うのが他クラスより察しやすい所が特徴です。(要はひねりが無く単純

代表的なデッキタイプ
①特にコンボを意識しなくても手なりでなんとかしてしまう疾走型アグロデッキ
②横展開からのバフを意識した展開型ミッドレンジデッキ
③序盤を突進や除去を駆使して後半に大型フォロワーで圧力をかける除去型コントロールデッキ。
④除去耐性の高さを利用して通常とは異なる動きをする潜伏型コンセプトデッキ
他にも守護特化型だったりWLDからメジャーな戦術となったニュートラル型がありますが今回は基本的な上の4タイプの現状を見ていきます。

まずは疾走型。いわゆるフェイスロイヤルで最初期は採用カードの手軽さのわりに非常に強く人気のデッキタイプでした。
当時のカードプールでは疾走込のアグロを完封するのは難しくあまりの一方通行にロイヤルガイジ(いわゆるロイジ)などと蔑称される原因になるデッキの1つでした。
ROBでドロシーデッキの台頭でカードパワー不足から急激に数を減らし、WLD環境においてこのタイプはもはや希少種です。(全く通用しない訳ではないが勝率は芳しくない)
原因は簡単、ROBで追加されたアルベール以外でロイヤルの疾走フォロワーにテコ入れが無いこと。
WLDのカードを足しても打点力に貢献出来るカードは無い。
初期に猛威を振るった罰なのか運営は疾走追加には消極的なようです。(他クラスはなんらかの疾走持ちが増えている)
つまりほとんどSTDのカードプールがメインなので時代についていけないのがよく分かるデッキタイプです。

次に展開型。このタイプはフェイスと違い高価なデッキでしたがそれに見合う強さでその展開力はまさにロイヤルを象徴するものでした。
こちらも例の蔑称の一因であり初期のロイヤルがどれほど理不尽な強さだったかが感じられます。
それもそのはずで初期のカードプールでは全体除去がほとんど無く、乙姫軍団にいたっては全てを処理するなど無理難題でその後に控えるセージコマンダーでひき殺すのがミッドレンジの黄金パターンでした。
しかしこちらのデッキもROBでドロシーデッキの展開力+高スタッツ+鬼のような除去に歯が立たず、その後のミッドレンジはアルベールをメインに据えたタイプが主流となり展開型のミッドレンジは急激に数を減らしました。
こちらもWLD環境において希少種であり時代に置いていかれています。
今日において流行りのニュートラルデッキと比べると余程にカードパワーが低い事がわかるでしょう。
ロイヤルのバフもほとんどテコ入れが無く謎のアミュレット[天空城]や[ヴァルフリート]では序盤~中盤で決めにかかりたい展開型とはかみ合わず、採用例は非常に少ないためインフレした環境に対抗するのは困難です。

次の記事につづく

オンラインカードゲームランキングへ





スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。